完全個室のパーソナルダイエットジム

BLOG

2017

04.01

(土)

なぜトレーニングをすると筋肉がつくの?

上本トレーナー日記

「筋肉をつけるためにはトレーニングが必要」

 

 

そんなことはほとんどの方が知っていると思います。

 

 

しかし、そのメカニズムは知らない方も多いのではないでしょうか?

 

 

スクワットのように重たいものを持ち上げる

 

筋肉を効果的に使う

 

 

そのようなことしてなぜ筋肉が発達するのでしょうか?

 

 

 

 

筋肉は「筋繊維」という細い繊維のような細胞が束ねられて構成されています。

 

 

その筋繊維には、「筋サテライト細胞」というものが張り付いています。

 

その細胞は筋繊維が破損すると増殖し始めて、破損を修復してくれます。

 

そして、

 

 

 

また、破損してしまわないようにより強く修復をしてくれます。

 

 

 

これが筋肉のつくメカニズムです。

 

 

 

先ほどのお話の筋繊維の破壊とは「筋トレ」のことです。

 

 

重いものを持ち上げ筋肉を破損していくのです。

 

きれいな身体になるためには筋肉をバランスよくつけることは大切となるので

 

筋繊維を破壊し、より筋肉をつけていきましょう!

 

 

 

ちなみに

 

 

筋トレを怠けていると

 

サテライト細胞は

 

「脂肪」

 

となってしまうのでご注意を・・・。